pic1

【地域創造委員会】

地域活性担当 副理事長 村山 広幸
地域創造委員会 委員長 近藤 洋

委員会事業方針

地域社会や家庭における課題は様々な要因や問題が複雑に絡み合い、年々深刻化しています。さらに、昨年の度重なる台風災害では全国的に大きな被害をもたらし、八千代市にも甚大な被害をもたらしました。八千代市がもっと魅力あふれるまちになるためにも、我々が住民同士の繋がりや家族の在り方を見つめ直し、地域に住まう人々がより互いを思いやる心を持ち、これからも住み続けられるまちづくりをしていく必要があります。

まずは、災害からメンバーが自分や家族などの周りの人の身を守り、地域住民と協働できるようになるために、多くの被災現場を支援してこられた八千代市社会福祉協議会と、災害時を想定した話し合いをすることで、防災・減災に対する意識を高める例会を開催します。そして、地域住民と力を合わせて災害からこのまちを守っていくために、市民と共に防災について考える場を設けることで、災害に強い八千代市を創造していく例会を開催します。さらに、防災寺子屋事業への参画をすることで、子供たちが災害時に地域の一員として活動できるようになるために、災害から自分の身を守る術を学び、自らの意思でどのように行動すれば良いかを考え、実践できるようにいたします。また、八千代ふるさと親子祭がここ数年の間で大きく変化しています。そんな中でも、我々は毎年この祭に参画して、このまちの活性化に貢献してきました。これからもこのまちの絆を深めていくために、先輩諸兄が親子祭として継承してきてくれた思いを再認識し、行政や関係諸団体と協力し事業を開催することで、親子や地域の繋がりを大切にしていきます。

八千代市を災害に強く、家族や地域の人々が繋がりをもてる魅力あふれるまちにしていきます。我々が地域の架け橋としての役割を果たすことで、受けた恵みや恩に対し報いる、感謝の心を胸に緑の中の八千代を創造します。

事業計画

  1. 「防災まちづくり」を考慮した例会の開催
  2. 災害時パートナーシップ協定を活かした例会の開催
  3. 八千代ふるさと親子祭事業への参画
  4. 「防災寺子屋」事業への参画
  5. 「一人がひとり」の会員拡大を意識すること
  6. 「一人ひとりが」LOMの認知度を向上させる広報活動を意識すること
  7. 他委員会を巻き込む活動をすること
  8. 他団体への協力・連携に努めること
  9. 日本JC・関東地区・千葉ブロック各事業へ積極的に参加すること