pic1

【総務広報委員会】

会    務    担    当  副理事長  桂田 宏樹
総務広報委員会   委  員  長 嶋  健一

委員会事業方針

 近年、我々の活動がどれくらい地域の方々に伝わっているのだろうか。地域との繋がりを持つには一人でも多くの方々に我々の活動を知ってもらう必要があります。毎年メンバーが入れ替わる中でその時に沿った例会、事業を展開し情報を発信していかなければなりません。そのためにひとりひとりが考え行動し地域、市民、行政を巻き込んだ繋がりを持てるJC活動を行っていく必要があります。 

 総会は我々が活動していく中で重要な事項を決める最高決定機関であり、メンバー各自が総会の重要性を認識し参加をすることが大事であります。昨今、出席率が低くなってきており今一度、出席率、委任状の返信の向上に努め、総会ではひとつひとつの決議の重みを認識しながら執り行います。

 近年マスメディアを使った広報活動が進んでいく中で人との繋がりを軸にしてきた活動のはずが、人との関わりが希薄になりつつあります。我々の活動を一人でも多くの方々に伝え共感して頂くため今一度原点に戻り人の力を使った広報の手法を学び魅力ある例会を開催いたします。

 また会の活動を円滑に進めるために今一度、定款・規定・規則の見直しを行い、我々の活動のし易いルールの構築に努めます。

 時代の流れと共にインターネット、スマートフォンなどデジタル化が進んで来ている現代に於いて、手軽にSNSなどを見ることが出来ます。事業の告知、報告の手法を見直し、LOM内や地域に住まわれる幅広い年代の方々に情報を伝えるにはホームページやFacebookを活用し時にはポスターやチラシなどデジタルとアナログ両方を使い分け八千代青年会議所の魅力を一人でも多くの方々に伝播し地域との繋がりを持てる広報活動をしていきます。

 そして卒業式では本年度卒業を迎える方々の功績に感謝の気持ちをこめ、これまで築き上げて頂いた歴史や伝統を継承し八千代青年会議所がさらに発展していくことを誓い卒業生を送り出していきます。

 私たち総務広報委員会は、組織の軸として活動するためLOMの規律、情報の共有を意識し、地域と密接な関係を築ける広報活動を展開し、繋がりを意識し巻き込む力で未来を変え、緑の中の八千代を創造します。

事業計画(案)

  1. 定時総会の運営
  2. 広報活動の基盤を創る例会の開催
  3. 定款・規定・規則の精査
  4. LOMホームページの運営・管理
  5. 卒業式の開催