pic1

【ブロック大会連携委員会】

主管大会担当 副理事長 村山 広幸
ブロック大会連携委員会 委員長 山﨑 直行

委員会事業方針(案)

 32年ぶりに八千代青年会議所主管のもと千葉ブロック大会が開催されます。各地会員会議所の同志が集結し共通の運動目的の下に意識を共有する重要な機会、更には八千代市の魅力を知って頂く場であります。開催を成功へ導くためには我々メンバーだけでは到底成し得ないことです。OB諸先輩方、千葉ブロック協議会、また地域行政と綿密な協議、連携を計っていかなければなりません。
 まずは、ブロック大会を開催するに当たりOB諸先輩方とさらに交流を深めることが重要だと考えます。八千代青年会議所の未来のために46年の伝統を引継ぎ、次代へ繋ぐことが当委員会の使命であります。32年前のブロック大会を経験されている先輩もいらっしゃる中で、当時の貴重な出来事などを聞かせて頂きながら懇親の場を創り連携して参ります。また、各地会員会議所の同志が集結する場においてはブロック協議会との連携を密に取り、確実な運営でJCの魅力や有り方を再認識し、多くのメンバーと共有出来るよう広報活動を重ね設営して参ります。ブロック大会を主管することは『我々のまち』に存在する青年会議所を一気に広めるための大きなチャンスでもあります。県内各地で運動を行っているメンバーと地域の力を共有しその先の運動展開に繋げ、更なる地域の発展に貢献します。そして、ブロック大会に関わって下さるOB諸先輩方へ、更には将来開催する際の八千代青年会議所の未来のためにブロック大会の報告例会を開催します。我々が一丸となって挑戦することにより個々の成長も報告できるよう邁進いたします。
 これらの使命を全うするために協議、連携を計りメンバー全員を巻き込みそれぞれが当事者意識を持てる組織を作り、遂行していくことが出来るよう失敗を恐れず一歩を踏み出し緑の中の八千代を創造します。

事業計画(案)

  1. OB交流例会の開催
  2. ブロック大会委員会との連絡・調整
  3. ブロック大会時における運営指示
  4. ブロック大会報告例会の開催
  5. ブロック大会八千代開催の広報
  6. 出席率向上に努めること
  7. 常に会員拡大を意識すること
  8. 他委員会への協力
  9. 日本JC・関東地区・千葉ブロック各事業への積極的参加
  10. ブロック大会への主体者意識を持ち続けること