pic1

【青少年共育委員会】

教 育 担 当 副理事長 井田 祐貴
青少年共育委員会 委 員 長 近 藤  洋

委員会事業方針(案)

 今と昔、子供達は変わってしまったと多く耳にしますが、子供自身が持つ本質は本当に変わってしまったのでしょうか。SNS等の普及により子供達を取り巻く環境は劇的に変化したが、子供の本質は今も昔も変わりません。今日ではデジタルツールを上手に活用すれば、簡単に知識や教養を学習できるようになった一方で、直接触れて、感じて、考えて、自らの意思で行動する機会が減少してしまったように感じます。
 そこで当委員会では、未来ある青少年が物事の善悪を見極め、正しく判断し、自主的に行動できる大人へと成長の一翼を担ってまいります。まず、我々が子供達の模範となる大人であるのかを再認識するために例会を開催します。次に子供達が自らの意志をより持てるようになるために、同世代の仲間と一緒に協力し挑戦する体験を通じ、感謝や思いやりの気持ちを身につけ、目標を成し遂げることで自信や喜びを感じてもらえるような青少年健全育成事業を企画します。また子供達が突然の災害で地域の人や見ず知らずの人のために、思いやりの気持ちで考えて自らの意志で率先して行動できるように、パートナーシップ協定を結んでいる八千代市社会福祉協議会と共に防災寺子屋事業へ参画を致します。さらに子供達がサッカーを通じて仲間の大切さを学んで成長するために、(公社)日本青年会議所が行っているJCカップへ参画して参ります。青少年のよりよい飛躍のために、集団活動における様々な実体験からでしか得られない貴重な経験を通して、自ら考え行動できる大人へ成長の糧になるように挑戦していきます。
 このまちの未来にとって子供達が自主的にモラルある行動できる大人へ成長することは欠かすことができません。そのために我々が自らの姿勢を正し、青少年のよき見本となれるように、失敗を恐れず一歩を踏み出し緑の中の八千代を創造します。

 

事業計画(案)

  1. 道徳心を学ぶ例会の開催
  2. 青少年健全育成事業の開催
  3. 「防災寺子屋」事業への参画
  4.  JCカップ事業への参画
  5.  出席率向上に努めること
  6.  常に会員拡大を意識すること
  7. 他委員会への協力
  8. 日本JC・関東地区・千葉ブロック各事業への積極的参加
  9. ブロック大会への主体者意識を持ち続けること