pic1

【青少年共育委員会】

教 育 担 当 副理事長 山崎直行
青少年共育委員会 委 員 長 有馬 匡彦

委員会事業方針(案)

 子供たちを取り巻く様々な環境は、時代背景とともに多様に変化してまいりました。そ の一つに、子供たちが屋外で自由に遊べる場所や時間、仲間の減少などが国民の意識調査 の結果にも表れています。八千代青年会議所は、今を生き未来を担う無限の可能性を秘め た子供たちに、普段とは違う環境の中で実際に自らの目で、耳で、手で、そして心で様々 なものに触れる機会を提供する必要があります。
まずは、子育て世代が自らの家庭や日頃接する身近なコミュニティへと子育てのヒント を持ち帰り役立てられるように、3月例会にて古き良き点や新しい知識について積極的に 意見を交わし、固定観念に捉われない柔軟な思考を養います。そして、無限の可能性を秘 めた子供たちが自らの手で未来を切り拓いていけるような大人となるために、青少年健全 育成事業にて同世代の仲間と切磋琢磨し、困難にぶつかっても諦めず試行錯誤し、チャレ ンジする気概を身につけ、コミュニケーション能力とお互いをおもいやる心を育むことで、 「考える力」を醸成します。さらに、災害が発生したときに子供たちが自らの身だけでな く、他者のために何ができるかを自発的に考え努力する気持ちや感謝の気持ちをもてるよ うに、パートナーシップ協定を結んでいる(社福)八千代市社会福祉協議会と共に防災寺 子屋事業に参画し、利他の心を育む一翼を担います。また、サッカーを通じて心身の健全 な成長を促す一助となるために、(公社)日本青年会議所が行っているJCカップへ参画し、 勝敗に関わらず相手に対する敬意や仲間の大切さを再確認する機会を提供します。
これからの未来を担う子供たちが、困難にも屈しない精神力や善し悪しを見極める力、 そして他者を労る優しい心を育むとともに、我々が模範となり自らを見直し、共に育って いけるよう多くの経験を積み己を鍛え上げることで、緑の中の八千代を創造します。

事業計画(案)

  1. 子育て世代と子育ての環境を考える例会の開催
  2. 青少年健全育成事業の開催
  3. 「防災寺子屋」事業への参画
  4. JCカップ事業への参画
  5. 「メンバー全員」が会員拡大を意識する事
  6. メンバーを巻き込み出席率向上に努める事
  7. 他委員会の協力する事
  8. 日本JC・関東地区・千葉ブロック各事業への積極的参加